Categories: Architecture

Completion: 2014

Place: Toyama

Floor Area: 100㎡

Function : Residence

Partner : KENJI NAWA

ご夫婦2人のための住まいである。鉄骨造平屋建ての工場の1スパンを解体し、残りのスペースを利用する。そのため、必然的に玄関間口が狭く奥に向かって広い敷地形状に沿った台形平面となった。敷地は西側に川が流れる開放的な場所であり、 気持ちの良い風が何も遮られることなく吹き上げてくる。この風の通り道となること、 西からの陽射しを適度に遮りながら眺望は確保すること、屋根の雪を自然に落とすこと、これらの地域的、又は敷地特有の条件をシンプルな構成により実現することを目指した。この住まいは、下記のの3つのゾーンに分けられる。

  • A_菜園テラスゾーン
  • B_リビングダイニングゾーン
  • C_生活ゾーン [客間、水廻り、事務室、寝室]

2階南東方向に立山連峰を望める事務室兼寝室が欲しい。その他の生活は1階で集約したいとのことから、一部のみ2階建ての計画となった。「A_菜園テラスゾーン」は、菜園が趣味の奥様が、近所付き合いが出来るように、川の歩道に接して計画した。 「B_リビング・ダイニングゾーン」は、子供夫婦や孫が模範に遊びにくるため、限られた面積の中、開放的でオープンな空間が求められた。寝室や水廻り、客間等の「C_生活ゾーン」は、落ち着いた雰囲気と十分なプライバシーを確保するために、外に開かれた「A_菜園テラスゾーン」から、「B_リビング・ダイニングゾーン」を介して、一番奥に配置した。これらのプライバシーレベルの異なる3つのゾーニングに、 一枚の大屋根を架けるイメージとすることにより、 住まい全体を包みこむ屋根が、 地域的、または敷地特有の条件と、クライアントからの要望、これらの複雑にからみあう要素を同時に解決することを意図した。 あらわしとなった梁が、菜園テラスから2階への視覚的上昇感を生み出すと同時に、 実体験としてテラスから入った風が2階へと昇り抜ける快適な空間となった。

1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1